2018年 12月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31      
今日

お問い合わせ

    
 

トップ > PUNK/POWER POP 特集 > DURAN DURAN/SEVEN AND THE RAGGED TIGER 83年作 UK NEW WAVE名盤

DURAN DURAN/SEVEN AND THE RAGGED TIGER 83年作 UK NEW WAVE名盤 DURAN DURAN/SEVEN AND THE RAGGED TIGER 83年作 UK NEW WAVE名盤 DURAN DURAN/SEVEN AND THE RAGGED TIGER 83年作 UK NEW WAVE名盤
DURAN DURAN/SEVEN AND THE RAGGED TIGER 83年作 UK NEW WAVE名盤 DURAN DURAN/SEVEN AND THE RAGGED TIGER 83年作 UK NEW WAVE名盤 DURAN DURAN/SEVEN AND THE RAGGED TIGER 83年作 UK NEW WAVE名盤
拡大画像

DURAN DURAN/SEVEN AND THE RAGGED TIGER 83年作 UK NEW WAVE名盤

製造元:CAPITOL
品番 CDP 7 46015 2
USA盤 全9曲

デュラン・デュラン 『セヴン&ザ・ラグド・タイガー』

オリジナルは83年作、デュラン・デュランのサード・アルバムであり、彼等の人気絶頂期を象徴する1枚となりました。

彼等もまた音楽的には正当評価をされる必要がない程、ポップ・アイコンとしてのインパクトの強さが最大の武器となっていたバンドですが、ニューロマンティックとう一過性のブームの中でだけで語られてはいけない優れた人達だと思います。

ロキシー・ミュージック、デヴィッド・ボウイ、そしてJAPNと続いた英国の妖しさを湛えながら、ファンクとポップの融合を試みた実験は前作で完全に成功していたと思います。

そして本作では更にエレ・ポップの要素を強め、メロディの幅を広げています。

プロデュースのアレックス・サドキンの貢献はかなり大きいと思われ、シンセ・サウンドのクールな質感とロックのダイナミズムの見事なバランス感覚は、今聴いても胸ときめくものがあります。

翌年に発表されたフォリナーの「Agent Provocateur」は、やはりサドキンのプロデュースによるもので、かなり本作と共通した感触が目立っていました。

本作から大ヒット・シングルが3枚生まれていますが、それ意外のナンバーが実に素晴らしく、彼等の独特の強靭なファンク・ビートが、80年代的なメロディで包まれています。

インスト・ナンバーとなった「Tiger Tiger」はプログレ的香りも持った憂いのある曲で、英国ニュー・ウェイヴを正しく昇華させた様な美意識が感じられます。

ラスト・ナンバーは、本作中最もダークな曲調とはなっていますが、美しいバラード・メイカーとしてもこのバンドが魅力的であった事を証明しています。

 
 1993年度リリース盤

盤面には、微弱なキズが数本見られますが、再生には全く問題ありません。
ジャケット、プラ・ケースは、かなり美品と思われます。
歌詞掲載有りです。
商品コード : 14563
価格 : 1,000円(税込)
ポイント : 10
数量    売り切れ
 

会員登録で送料無料!5,000円以上のお買上げで5%引き! ←ここをクリック

品切れ SOLD OUT

  • お気に入りリスト
  • 商品についての問い合わせ

この商品についてのレビュー

  氏名 : 評点 :
内容 :
レビューを書く
入力された顧客評価がありません