2018年 09月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30       
今日

お問い合わせ

    
 

トップ > EUROPIAN > HANOI ROCKS > HANOI ROCKS/ORIENTAL BEAT オリエンタル・ビート 82年作 国内盤

HANOI ROCKS/ORIENTAL BEAT オリエンタル・ビート 82年作 国内盤 HANOI ROCKS/ORIENTAL BEAT オリエンタル・ビート 82年作 国内盤 HANOI ROCKS/ORIENTAL BEAT オリエンタル・ビート 82年作 国内盤
HANOI ROCKS/ORIENTAL BEAT オリエンタル・ビート 82年作 国内盤 HANOI ROCKS/ORIENTAL BEAT オリエンタル・ビート 82年作 国内盤 HANOI ROCKS/ORIENTAL BEAT オリエンタル・ビート 82年作 国内盤
拡大画像

HANOI ROCKS/ORIENTAL BEAT オリエンタル・ビート 82年作 国内盤

製造元:日本フォノグラム
品番 23PD-120
国内盤 全11曲 

ハノイ・ロックス 『オリエンタル・ビート』

オリジナルは82年作、ハノイ・ロックスのセカンド・アルバムとなった1枚です。

日本ではグラマラスで華麗なルックスばかりが先行した感があり、彼等の音楽性そのものはちゃんと語られてこなかったと思います。

パンキッシュな魅力と、サックスをフィーチャーしたポップなメロディは、バッドボーイズ・ロック、グラム・パンクと形容こそされていましたが、かなり幅の広いサウンド作りを見せていました。

確かにニューヨーク・ドールズ直系のルーズでワイルドなロック・バンドと見るのが筋なのでしょうが、ニュー・ウェイブ的センスやパンク・バンドのシンプルなパワー・ポップ的メロディは、この時期比類すべき存在がいなかったと思います。

エアロスミスや以降のモトリー・クルー、ガンズ・アンド・ローゼズと比較される事が多くなっていますが、本作を聴く限り、ビートに自覚的なバンド・サウンドと、疾走感と哀愁感が漂うメロディは突然変異的なロックの妖しさがプンプンしています。

グラム・メタルの開祖として、80年代のメタルの進化の中の重要バンドとして伝説にはなっていますが、もっと生々しいロック・バンドで、チープでスウィートな存在であった事が良い意味で語られるべきだとは思います。

そのあまりにもインパクトのあった外見が、多くの誤解を生んでしまったという事なのでしょうか。

もっと再評価がされていい1枚です。


1989年度リリース盤

盤面は、ほぼ新品同様の状態です。
ジャケット、プラ・ケースも、美品と思われます。
帯無し、解説、歌詞(英語のみ)掲載されています。
商品コード : 11282
定価 : 2,300
価格 : 1,000円(税込)
ポイント : 10
数量    売り切れ
 

会員登録で送料無料!5,000円以上のお買上げで5%引き! ←ここをクリック

品切れ SOLD OUT

  • お気に入りリスト
  • 商品についての問い合わせ

この商品についてのレビュー

  氏名 : 評点 :
内容 :
レビューを書く
入力された顧客評価がありません