2018年 06月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
今日

お問い合わせ

    
 

トップ > CLASSIC ROCK 特集 > STYX/THE COMPLETE WOODEN NICKEL RECORDINGS 初期4枚収録

STYX/THE COMPLETE WOODEN NICKEL RECORDINGS 初期4枚収録 STYX/THE COMPLETE WOODEN NICKEL RECORDINGS 初期4枚収録 STYX/THE COMPLETE WOODEN NICKEL RECORDINGS 初期4枚収録 STYX/THE COMPLETE WOODEN NICKEL RECORDINGS 初期4枚収録 STYX/THE COMPLETE WOODEN NICKEL RECORDINGS 初期4枚収録 STYX/THE COMPLETE WOODEN NICKEL RECORDINGS 初期4枚収録 STYX/THE COMPLETE WOODEN NICKEL RECORDINGS 初期4枚収録 STYX/THE COMPLETE WOODEN NICKEL RECORDINGS 初期4枚収録
STYX/THE COMPLETE WOODEN NICKEL RECORDINGS 初期4枚収録 STYX/THE COMPLETE WOODEN NICKEL RECORDINGS 初期4枚収録 STYX/THE COMPLETE WOODEN NICKEL RECORDINGS 初期4枚収録 STYX/THE COMPLETE WOODEN NICKEL RECORDINGS 初期4枚収録 STYX/THE COMPLETE WOODEN NICKEL RECORDINGS 初期4枚収録
STYX/THE COMPLETE WOODEN NICKEL RECORDINGS 初期4枚収録 STYX/THE COMPLETE WOODEN NICKEL RECORDINGS 初期4枚収録 STYX/THE COMPLETE WOODEN NICKEL RECORDINGS 初期4枚収録
拡大画像

STYX/THE COMPLETE WOODEN NICKEL RECORDINGS 初期4枚収録

製造元:HIP-O RECORDS
品番 B0003922-02
USA盤 2枚組 全35曲 (DISC ONE 全15曲、DISC TWO 全20曲)

スティクス 『ザ・コンプリート・ウッデン・ニッケル・レコーディングス』

スティクスの初期4枚のアルバムを完全収録した、ありがたい2枚組コンピレーションです。

72年のデビュー作、「Styx」、73年作の「Styx レディ」、「The Serpent Is Rising」、74年作の「Man Of Miracles ミラクルズ」の4枚は、アルバム・タイトル通りWOODEN NICKELというレーベルからリリースされたもので、彼等がアメリカで最も愛されるバンドとして大ブレイクする前の実験性に溢れたプログレ・ハード色の濃かった時代の作品となります。

トミー・ショウが参加前の、初代ギタリストであるジョン・クルリュースキーが在籍していた頃で、この人の個性もサウンドに反映されていたため、以降のポップ展開していくスティクスとはかなりイメージが違うかもしれません。

結成は70年だった様で、早くからブリティッシュの影響下にあり、その英国的指向を隠そうとしなかった彼等は、良く比較され続けているKANSASやBOSTON、あるいはJOURNEY等とは違ったスタートをしていたわけです。

プログレ的な長尺な大作から、土臭いアメリカン・ハード、更にはYESやZEPPELIN等の英国ロックへのオマージュ等、ファースト・アルバムからバラエティに富んだ音楽性を見せています。

70年代から顕著になったアメリカン・プログレ・ハードと呼ばれた多くのバンドが、カラッとした陽性の高揚感を売りにしていたのに対し、初期STYXはかなりブリティッシュ臭の強いサウンドを堂々と奏でています。

前述のギタリスト、クルリュースキーのセンスが反映されていたのもありますが、デニス・デ・ヤング、ジェイムス・ヤングという個性の違うメロディ・メイカーが揃っていたのも、彼等の音楽性の幅を広げていたものと思われます。

発表してから2年後に大ヒットするシングル、「憧れのレディ」にしても、メロディアスなミドル・バラードとなってはいますが、以降のキラキラしたポップ・センスより英国プログレとブリティッシュ・ハードとの共通点はかなり多かった様に思えます。

3作目、4作目で徐々にバンドの音楽性が統一されていったのは、ジェイムス・ヤングとデニス・デ・ヤングによる主導権が確立し、陽性のハード・ロックとメロディアスなセンスが見事に融合されていったからだと思います。

「Man Of  Miracles」で聴かれる弾けきったダイナミズムと、プログレッシヴな美しさは、本作以降にデビューしたカンサスやボストン等に、少なくない刺激を与えたに違いありません。

今回特別にDISC ONEに収録されたボーナス・トラック、「Unfinished Song」は、デ・ヤング作のポップ・バラードで、80年代の全盛期の彼等のイメージに最も近い良曲と思われ、これも聴き逃せないものとなっています。


2005年度リリース盤

盤面は、2枚ともほぼ新品同様の状態です。
ジャケットも、かなり美品と思われます。
商品コード : 12717
価格 : 2,000円(税込)
ポイント : 20
数量    残りあと1個
 

会員登録で送料無料!5,000円以上のお買上げで5%引き! ←ここをクリック

かごに入れるすぐに購入

  • お気に入りリスト
  • 商品についての問い合わせ

この商品についてのレビュー

  氏名 : 評点 :
内容 :
レビューを書く
入力された顧客評価がありません