2019年 12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31     
今日

お問い合わせ

    
 

トップ > JAPANESE > LOUDNESS > LOUDNESS/HURRICANE EYES 87年作 ラウドネス ハリケーン・アイズ

LOUDNESS/HURRICANE EYES 87年作 ラウドネス ハリケーン・アイズ LOUDNESS/HURRICANE EYES 87年作 ラウドネス ハリケーン・アイズ LOUDNESS/HURRICANE EYES 87年作 ラウドネス ハリケーン・アイズ
LOUDNESS/HURRICANE EYES 87年作 ラウドネス ハリケーン・アイズ LOUDNESS/HURRICANE EYES 87年作 ラウドネス ハリケーン・アイズ LOUDNESS/HURRICANE EYES 87年作 ラウドネス ハリケーン・アイズ
拡大画像

LOUDNESS/HURRICANE EYES 87年作 ラウドネス ハリケーン・アイズ

製造元:WARNER
品番 32XD-770
国内旧規格盤 全10曲

ラウドネス 『ハリケーン・アイズ (海外ヴァージョン)』

第1期ラウドネスの80年代全米進出最終章ともなったオリジナル・フル・アルバムで、「THUNDER IN THE EAST」、「SHADOWS OF WAR」に続くキャッチーなメタルの最終モデルと言える大傑作です。

彼等のアメリカナイズされたポップ・メタルの理想型が、「ROCK 'N ROLL GYPSY」や「THIS LONELY HEART」、「IN MY DREAMS」に集約されていると同時に、以降の商業的メタルの過渡期とも言える時代へ向かって、二井原実の脱退を含め大きな転換期を迎える事にもなっていきます。

現在の日本、そして世界状況を鑑みても、「IN THIS WORLD BEYOND」におけるチェルノブイリ原発事故、「S.D.I.」でのスターウォーズ計画といったテーマを取り上げる姿勢は重要であったと思われ、当時のメタル・バンドが社会と積極的に向き合おうと自覚的になっていった動きの先駆けともなっていたのではないでしょうか。

サウンドに関しても、プロデューサーのエディ・クレイマー、エンジニアのアンディ・ジョーンズという、LED ZEPPELINと共に生きてきた大物が本作を支える事により、圧倒的な音の説得力をまず感じさせられます。

GIUFFRIAのグレッグ・ジェフリア、デヴィッド・グレン・アイズレー、フレーリーズ・コメットのとっど・ハワース等、ゲスト陣も花を添え、本作をキラキラさせています。

聴きやすさも手伝い、何度でも飽きずに聴けてしまうのですが、この時期のラウドネスがLAメタル顔負けのキャッチーさ、そしてメロディアス・ハード然とした構成を含んでいたのは、もちろんマーケティング戦略の一貫ではあったと思いますが、それ以上にテクニックとメロディを資質として持ちあわせていた事だ一番大きかったのだと改めて再認識させられます。

この見事なアルバムの最後を飾るのは、バンド史上最も美しいと思われるパワー・バラードの「SO LONELY」で、儚くも感じられる本作の終焉を告げていきます。

『DISILLUSION 〜撃剣霊化〜』に収録されていた「アレスの嘆き」が、こうして妖艶なアレンジで蘇った事も、このアルバムの重要性を物語っている気がします。


1987年度リリース盤

盤面には、微弱なキズが数本見られますが、再生には全く問題ありません。
ジャケットは、比較的美品と思われます。
帯無し、解説、歌詞対訳付きです。

会員登録して頂くと、5,000円以上のお買上げで5%引き!! ←ここをクリック
商品コード : 11770A
定価 : 3,200
価格 : 1,400円(税込)
ポイント : 14
数量    売り切れ
 

会員登録で送料無料!5,000円以上のお買上げで5%引き! ←ここをクリック

品切れ SOLD OUT

  • お気に入りリスト
  • 商品についての問い合わせ

この商品についてのレビュー

  氏名 : 評点 :
内容 :
レビューを書く
入力された顧客評価がありません