2019年 08月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
今日

お問い合わせ

    
 

トップ > JAPANESE > ZIGGY/CRAWL ジギー クロール 97年作 Silent Eveを待ちながら

ZIGGY/CRAWL ジギー クロール 97年作 Silent Eveを待ちながら ZIGGY/CRAWL ジギー クロール 97年作 Silent Eveを待ちながら ZIGGY/CRAWL ジギー クロール 97年作 Silent Eveを待ちながら ZIGGY/CRAWL ジギー クロール 97年作 Silent Eveを待ちながら ZIGGY/CRAWL ジギー クロール 97年作 Silent Eveを待ちながら ZIGGY/CRAWL ジギー クロール 97年作 Silent Eveを待ちながら ZIGGY/CRAWL ジギー クロール 97年作 Silent Eveを待ちながら ZIGGY/CRAWL ジギー クロール 97年作 Silent Eveを待ちながら
ZIGGY/CRAWL ジギー クロール 97年作 Silent Eveを待ちながら ZIGGY/CRAWL ジギー クロール 97年作 Silent Eveを待ちながら ZIGGY/CRAWL ジギー クロール 97年作 Silent Eveを待ちながら ZIGGY/CRAWL ジギー クロール 97年作 Silent Eveを待ちながら ZIGGY/CRAWL ジギー クロール 97年作 Silent Eveを待ちながら
ZIGGY/CRAWL ジギー クロール 97年作 Silent Eveを待ちながら ZIGGY/CRAWL ジギー クロール 97年作 Silent Eveを待ちながら ZIGGY/CRAWL ジギー クロール 97年作 Silent Eveを待ちながら
拡大画像

ZIGGY/CRAWL ジギー クロール 97年作 Silent Eveを待ちながら

製造元:マーキュリー・ミュージックエンタテインメント/ポリグラム
品番 PHCL-5060
国内盤 全12曲

ジギー 『クロール』

ZIGGYのオリジナル・フル・アルバムとしては通産9作目、森重、戸城、宮脇の三人体制での最後の作品となった1枚です。

シングルとなった「Guilty Vanity」では従来のポップに跳ね回る王道ZIGGY節、「Silent Eveを待ちながら」は森重節が光るロマンチックなミドル・バラードと、従来の彼等のイメージを想起させますが、全体的な質感に大きな変化ありました。

ギター、そして全曲の編曲に関わっているのは、元ARBの白浜久。
この人の貢献がかなり大きいと思われ、バンドのダーク・サイド、サイケ色を引き出す事に成功していると思います。

思えばZIGGYサウンドは、アレンジによって大きく変わってしまうメロディ・ライン、更には一つのジャンルに収まらない音楽性の幅広さがあったと思います。

森重、戸城という2大個性とキャラクターが、グラム、ハード・ロック、パンクの間を自由自在に行き交っていくのも醍醐味でしたが、外部のミュージシャンによって統一されたカラーで染められる事により、バンドの魅力がまた増えたのではないでしょうか。

クールな色調と、メタリックさよりもグラムっぽいキッチュさを強調した本作は、ZIGGYと白浜の両者の理想的な融合だったと思います。

バンドの不安的な状況とロック・シーンの激変期にあって、過渡的な作品だったのかもしれませんが、改めて聴き直すとけっして地味でも異色でもなく、元々ZIGGYが持っていたメロディ・メイカーぶりに驚かされる充実した内容である事に気づかされます。


1997年度リリース盤

盤面は、かなり綺麗な状態です。
ジャケットも、美品と思われます。
帯有り、歌詞掲載有りです。
商品コード : 11979
定価 : 3,000
価格 : 1,000円(税込)
ポイント : 10
数量    売り切れ
 

会員登録で送料無料!5,000円以上のお買上げで5%引き! ←ここをクリック

品切れ SOLD OUT

  • お気に入りリスト
  • 商品についての問い合わせ

この商品についてのレビュー

  氏名 : 評点 :
内容 :
レビューを書く
入力された顧客評価がありません